合格基準

精神保健福祉士国家試験の合格基準は、2つの項目を満たすことが条件となります。

①問題の総得点の60%程度を基準とし、問題の難易度で補正した点数以上の得点の者。
②試験科目(精神保健福祉援助技術については、「一問一答問題」と「事例問題」を別個の試験科目とみなす)16科目(試験科目の一部免除を受けた受験者にあっては6科目)の各科目すべてにおいて得点があった者。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ