将来性

現場で働いている精神保健福祉士は、この仕事にやりがいをもって取り組んでいます。病院や施設に勤務している精神保健福祉士のなかには、病院の事務長や施設長になっている人もいます。その経験を生かして開業する人もいますし、教員になる人、自治体でも管理職になる人、また海外で活躍する人もいます。
社会的に有益な仕事ですので、これから社会に広く認知されていけば、待遇もよくなっていくでしょう。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ