精神保健福祉士になるために学ぶ

精神保健福祉士になるための具体的な科目はこのようになっています。試験は全部筆記試験で、演習や実習の試験はありませんが、技術を習得するうえで、精神保健福祉援助演習と精神保健福祉援助実習は必修科目となっています。

社会保険福祉士に必要なもの
①社会福祉の「価値」
②社会福祉や精神保健に関する具体的な「専門的な知識」
③実践するための具体的な「技術」

指定科目(社会福祉士と共通科目)
①人体の構造と機能及疾病
②心理学理論と心理的支援
③社会理論と社会システム
④現代社会と福祉
⑤地域福祉の理論と方法
⑥社会保障
⑦低所得者に対する支援と生活保護制度
⑧福祉行財政と福祉計画
⑨保健医療サービス
⑩権利擁護と成年後見制度
※①~③は、どれかを履修すればよいが、実際の試験では全ての科目から出題されるので、学んでおいたほうがいい。

精神保健福祉士の独自の科目
①精神疾患とその治療
②精神保健の種類と支援
③精神保健福祉に関する制度とサービス
④精神障害者の生活支援システム
⑤精神保健福祉相談援助の基盤
⑥精神保健福祉の理論と相談援助の展開
⑦精神保健福祉援助演習
⑧精神保健福祉援助実習指導
⑨精神保健福祉援助実習

 

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ