受験資格を得ることがスタート

毎年1回、社会福祉士と合わせた日程で、精神保健福祉士の国家試験が行われます。その受験資格を取得する方法はこちらです。下記以外でも、専門学校などの一般養成施設や短期養成施設では、通信課程や夜間課程で学べるところもあります。

①保健福祉系の4年制大学で、受験資格に必要な指定科目(実習や演習を含む)を全て履修する。
②福祉系短期大学や専門学校で指定科目(実習や演習を含む)を全て履修して、相談援助の実務経験を積む
③一般大学を卒業後に精神保健福祉士の一般養成施設に進み、受験資格に必要な指定科目(実習や演習を含む)を全て履修するか、または短期大学を卒業後に指定された施設において相談援助の実務経験を1年もしくは2年積んでから、精神保健福祉士の短期養成施設や一般養成施設で受験資格に必要な指定科目(実習や演習を含む)を学ぶ。
④すでに社会福祉士の資格を持っている人は、指定された精神保健福祉士の独自科目を履修する。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ